読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静岡で起業した29歳の生活

静岡に住む若手起業家・ライターの行動、考えていることをつづる備忘録です。

中学時代の同級生がmitecoにリアクションしてくれて感傷的な気分になりました

世間は3連休です。

午後ちょっとだけ仕事があったんですが、割とのんびりできた気がします。

 

さて、mitecoが始まってから丸2週間が経ちました。

あまり友達は多くないと思っていたのですが、

意外と興味を持ってもらえたりしてうれしいです。

 

中学時代の同級生が反応してくれたりしたんですが、

いろいろな記憶がよみがえってきて、

「そういえば、あの子やアイツはどうしてるかなぁ」と、

少し感傷的な気分になったりします。

 

リアクションしてくれているのを見ると、

相手も大人だし、社交辞令とかもあるかもしれないけど、

「俺は本当に友達が少なかったのか・・・?」と、思いました。

 

自分の殻の中で過ごしていたから友達が少ない気がするだけで、

本当は、もう少し受け入れられていたんじゃないかと考えています。

 

ただし、今のところ飲みのお誘いはありません。

 

 

 

さて、mitecoは想像以上のスピードで動いています。

 

たとえば、話題にしてくれる数なんか、わかりやすい。

あくまでも取材させていただいたお店の実力だと思いますが、

先日、書いた記事が200以上のリアクションをいただけました。

「静岡よ、これが沼津自慢フェスタ2016だ!ノリさんのかき氷でノリノリ!?編」

 

数字上だけで話せば、ほかにも、喫茶アドニスやひとり観光協会の久門さんなど、

地域でリーダー的に活動している人のおかげで、

こんなに短期間でmitecoが注目されたんだなと思っています。

 

でも、数字に関係ないところで話題にしてくれている人も増えていて、

人づてやネット上での反応ではあるんですが、

「就職で静岡を離れるけど、mitecoを読んで移住したくないと思った」とか、

「この記事を読んで、食べに行きたいと思った」とか、

「クスッと来る記事でした」とか、

いろいろなリアクションをもらえているみたいです。

 

リアクションをいただいたこと自体も嬉しいんですが、

自分の中で思い入れのある記事が多くの人に届いて、

それがリアクションされると、やっぱりうれしいなと思います。

(自分が書いた、写真を撮った、編集した、アップロードした、など、つながりは、ちょっとでいい。)

 

mitecoの記事上に書けないので割愛しましたが、

「どのお仕事も頑張ってるけど、この人に頼まれたら特別頑張らなきゃ」と、話している方がいました。

 

思い入れがある仕事は、やっぱりいつも以上に力が入ります。

 

幸いなことに、ここまでの取材でイヤな人に出会ったことはありません。

誰と話をしても「いい時間だな」と感じます。

だから、思い入れのある記事ばかりです。

 

好きな人からの紹介・・・という流れで、次の取材に行くケースも多いからでしょうか。

 

自分自身も取材をするときは、

「この人のことを好きになろう!」と暗示を掛けられるタイプだと思っています。

でも、それを差し引いてもうまく行くことのほうが多いかなぁと。

ちなみに、男女問わず惚れっぽいです。

 

引き続き、いろいろな人に恋する気持ちを持ち続けて、

mitecoの取材と執筆を頑張っていこうと思います。

 

 

まだ取材だけで掲載してない記事、

mitecoの注目度が上がる前に掲載した記事も、

もっと、もっと話題にならないかなぁ。

 

 

そうそう、バンド活動もボチボチやってます。                  

hiyorimiというバンド名です。

ジャンルは、激情ハードコアとシューゲイザーとポストロックをくしゃくしゃに混ぜて、

ポップスに無理やりはめ込んだ・・・って感じですかね。

 

===============

【PR】

1.2016.10/15(sat.) @G-SIDE 開場17:30/開演18:00

Ticket : 前売/当日 1500円/2000円 +1Drink (500円)

Act:こんにちわず / DIAL CLOCK NOTE / Gangliphone / 百長(名古屋)

 

こんにちわずの企画。

ギターのらくくんがラブい。

あと、ドラムのななみちゃんがかわいいっていうのは、結構、陰でこっそり言ってます。

 

2.2016.12/17sat@静岡騒弦

Act:Local noise room(甲府) / アンネ

詳細未定

 

アンネもだけど、Local noise roomというバンドがラブい。

激情ハードコアなのにポップで、エモきゅんな音楽です。

 

ギターの清水くんは趣味でカメラをやっているんだけど、

一応、仕事でやっている俺よりきちんとしているので見習わなきゃなと思っている次第。

あと、考え方とか惚れる。

 

さて、寝ます。