静岡で起業した29歳の生活

静岡に住む若手起業家・ライターの行動、考えていることをつづる備忘録です。

Phaさんの『しないことリスト』(大和書房)を読みました

安藤悟です。昨日、Phaさんの『しないことリスト』(大和書房)を読みました。さすが、元・「日本一のニート」と言われるだけあって、「働きたくない」「何もしたくない」という内容が多かったです。書籍中、参考になることがたくさんありました。Phaさん自身も面白かった本はブログに書き留めているようですが、忘れないようにメモ書きしておこうと思います。

しないことリスト」を手に取った理由

いろいろな作業をし過ぎていて、何一つできていないように感じました。時間は有限で、みんなに等しく与えられているものです。

 

「ダイエットしたい」「遊びたい」など、いろいろと考えますが、たぶん順番にやらないと壊れます。最低限やらなきゃいけないこと、やらなくてもよさそうなことを振り分けしようと思い、「しないことリスト」を読むことにしました。

 

無能な働き者には責任がある仕事をさせるな

これは、割とよく聞く話です。私が初めて聞いたときは、「無能な働き者は射殺せよ」だったような気もします。ただ、「何もしない」という目線から読んでみると、少し違う意味のように感じました。

 

まずは、4カテゴリに振り分けてみます。

 

・有能な怠け者……指揮官にすべきだ

・有能な働き者……参謀にすべきだ

・無能な怠け者……連絡将校にすべきだ

・無能な働き者……責任がある仕事をさせるな

 

このうち、無能な働き者が一番厄介という話でした。「成果を上げるために仕事をしている」というよりも、「なんとなく働いていないと不安」という理由だけで、意味のない残業をしたり、余計な仕事をしたりして、事態を悪化させるということでした。多分、それだったら何もしないほうがいい。そういう意味だと思います。

 

「仕事を頑張るな」と言いたいわけではないです。多分、仕事に限った話ではないような気がします。

 

自分は無能な働き者だと感じました。「なんとなく、何かしなきゃ不安」という心理状態が常に働いているような気がするので、「今、すべきこと」を絞り込むほうがよい。そんなわけで、自分の生活のうち、「時間が空いている気がするから○○をしよう」と考えるのを止めることにしました。

 

1週間のうち、やらなきゃいけないこと

しないことリスト」には、他にも面白いネタがたくさんありました。たとえば、「コミュニティを閉じたものにしない」という話では、「いじめは閉じたコミュニティで起こる」「閉じているから異常な習慣に気付かなくなる」など。コミュニティは少しだけ外部に開いていると、そこに生きている人は気楽かもしれません。

 

ただ、今回はしなくていいことを増やすことが自分の中のテーマです。誰かを救う前に、自分を救うことが課題なので、話を戻すことにします。

 

働き者と怠け者の話を読んで、「時間が空いているから」という理由では成果が出ないなと感じました。かといって、スケジュールに組み込んで習慣にしようと思っても、簡単に続くものではないです。とくに、最近ボルダリングを始めたばかりで、他のことも足したら、両方やらなくなりそうな気がしました。

 

そこで、今さら当たり前かもしれませんが、「最低限すること」の週間スケジュールとタスクを作ることにしました。みんなやっていると思いますが、もう少しルーズさを足しています。月曜から金曜まででざっくりとやることを決めました。ちなみに、月曜から金曜までは120時間です。

 

・8時間睡眠×5日=40時間

・食事(昼・夜)1時間×10食=10時間

・入浴=2時間

ボルダリング2時間×週2回=4時間

・飲み会3時間×1回=3時間

 

休憩と遊びの時間を優先して計画しました。飲み会については仕事関連なのですが、ここでは遊びとします。大体これで60時間です。

 

60時間仕事をする必要があるのか

月曜から金曜までの120時間のうち、残った60時間は仕事ができます。というか、今まで月曜から金曜までで60時間くらい働いていたかもしれませんが、限られた時間で何をするか、どこでサボれるかを考えられる気がしました。

 

平均的なペースで仕事をすると、大体これくらいの作業量が積み上がるだろうと推測できるので、やらなきゃいけない仕事を考えてみます。すると、大体40時間程度しかないので、結構余暇があるように感じました。あとの20時間はきっと連絡系の庶務に取られたりするのだろうと思いますが、できるだけ効率よく立ち回りたいところです。

 

しないことの増やすって話をしたのにアレですが、マーケティングの勉強でもしようかな……時間が余ったら。